韓流ドラマ「製パン王キム・タック」を配信している動画配信サービス

韓流ドラマ「製パン王キム・タック」を配信している動画配信サービス

韓国が経済成長を遂げた70年代から80年代を舞台に、当時の子供たちの憧れの対象であったパンを素材した作品で、韓国中が復古パンブームを巻き起こした。

平均視聴率38.7%は、「ホ・ジュン」、「宮廷女官 チャングムの誓い」、「パリの恋人」、「朱蒙(チュモン)」に続く韓国歴代5位の記録です。

お試しの無料会員登録を使って、全エピソードを無料で見れるスゴ技をご紹介します。

「製パン王キム・タック」ってどんなドラマ?

「製パン王キム・タック」DVD公式サイトでは、以下のとおり紹介しています。

 コソン食品の会長ク・イルチュンの妻インスクは後継者となる息子を産むことができず、姑から冷遇されていた。そんな中、コソン家の使用人のミスンがイルチュンの子供を身ごもる。激怒したインスクは予言者の「夫との間に息子は授からない」との言葉を受けて秘書のハン・スンジェと関係を持ち、念願の男児を身ごもる。ミスクはインスクから危害を加えられることを恐れて身を隠し、密かに息子のタックを出産する。やがて小学生に成長したタックは母から自分の素性について明かされ、コソン家に引き取られるが、その直後、母はインスクの手の者に拉致されてしまう。
12年後、コソン家を飛び出して母を捜し続けるタックは、手掛かりを求める中でパルボンのベーカリーに流れ着く。一方、コソン家の後継者として成長したインスクの息子マジュンは技術を得るためにパルボンに弟子入りする。奇しくも同じ師匠の元に身を寄せた異母兄弟は、パンの技術、恋、そして後継者争いでも火花を散らすことになるが…。

「製パン王キム・タック」DVD公式サイト

「製パン王キム・タック」の見放題配信を楽しむ方法

本作品の配信情報は2019年6月16日時点のものです。配信または見放題が終了している可能性がありますので、現在の配信状況については各動画配信サービスでご確認ください。

「製パン王キム・タック」を配信している動画配信サービスのおすすめは、U-NEXT、dTVです。いずれも「製パン王キム・タック」が見放題です。

無料のお試し期間あり

いくら各エピソードの視聴が無料でも、月額料金がかかります。しかしながら、どの動画配信サービスでも無料のお試し期間があります。

この無料のお試し期間に他にも気に入ったコンテンツがたくさん見つかれば、そのまま継続利用していれば自動更新されて有料会員になります。継続利用しない場合は必ず期間内に解約手続きをしましょう。

「製パン王キム・タック」をU-NEXTで楽しむ方法

 月額料金: 月額1,990円(税抜)
 PPV(都度課金): あり
 動画数: 約160,000本(見放題作品 140,000本)
 画質: SD/HD/4K
 ダウンロード機能: あり
 無料お試し期間: 31日間
 支払方法: クレジットカード、ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、Amazon.co.jp支払い、U-NEXTカード/ギフトコード

字幕版 吹替版 料金
(円/話)
全30話 あり なし 見放題

31日間無料会員登録はこちら U-NEXT

U-NEXTの無料会員登録・解約方法について詳しく知りたい方は以下を参考にして下さい。
U-NEXTに無料会員登録する方法
U-NEXTを解約する方法

「製パン王キム・タック」をdTVで楽しむ方法

 月額料金: 月額500円(税抜)
 PPV(都度課金): あり 
 動画数: 約120,000本
 画質: SD/HD/4K
 ダウンロード機能: あり
 無料お試し期間: 31日間
 支払方法: クレジットカード、デビットカード、ドコモ払い

字幕版 吹替版 料金
(円/話)
全30話 あり なし 見放題

31日間無料会員登録はこちら dTV

dTVの無料会員登録・解約方法について詳しく知りたい方は以下を参考にして下さい。
dTVに無料会員登録する方法
dTVを解約する方法

「製パン王キム・タック」を配信している動画配信サービスまとめ

「製パン王キム・タック」を配信している動画配信サービスのおすすめは、U-NEXT、dTVです。いずれも「製パン王キム・タック」が見放題です。

U-NEXT

31日間無料会員登録はこちら U-NEXT



dTV

31日間無料会員登録はこちら dTV




動画配信サービスによっては、海外ドラマ等を過去シーズン全て見放題で配信していることもありますし、どの動画配信サービスでも無料のお試し期間があります。
この無料のお試し期間にもしも気に入ったコンテンツが見つからなければ解約すればお金は一切かかりません。
是非トライしてみて下さい。

それでは、良い動画ライフを!

韓流ドラマカテゴリの最新記事