ドラマ「スカーレット」を見逃し配信している動画配信サービス

ドラマ「スカーレット」を見逃し配信している動画配信サービス

離戦後の女性陶芸家の草分けとなった神山清子をモデルに、焼き物の里、信楽を舞台に独自の信楽焼を生み出そうと奮闘する女性陶芸家の波乱万丈の人生を描いたドラマです。

お試しの無料会員登録を使って、放送済みのエピソードを見逃し配信で見れるスゴ技をご紹介します。

おすすめのTVドラマ 2019秋はここから

「スカーレット」ってどんなドラマ?

 放送期間: 2018年9月30日~
 放送時間: NHK総合:8:00~、NHK BSプレミアム:7:30~
 放送局: NHK総合/NHK BSプレミアム
 出演者: 戸田恵梨香、大島優子、林遣都、北村一輝、富田靖子
 原作: なし
 公式サイト: NHK連続テレビ小説「スカーレット」の公式サイト

NHK連続テレビ小説「スカーレット」の公式サイトでは、以下のとおり紹介しています。

戦後まもなく、大阪から滋賀・信楽にやってきた、絵が得意な女の子。名前は川原喜美子。両親と二人の妹との暮らしは貧しく、頑張り屋の喜美子は、幼いながらも一家の働き手だった。15歳になった喜美子は、大阪の下宿屋で女中として働きはじめる。大都会での暮らしと、個性豊かな下宿の人々との出会いは、喜美子をさらに成長させる。3年後に信楽に戻った喜美子は、地元の信楽焼にひかれ、男性ばかりの陶芸の世界に飛び込む。やがて愛する男性と結婚し、息子を授かり、仕事にも家庭にもまい進する日々が始まる。相変わらずの貧乏だが、夫や息子のかたわらで、大好きな陶芸にいそしむ喜美子。だが、幸せなはずの生活は思惑どおりにはいかず、大きな波乱が彼女を待ち受けている。どんなにつらいことがあっても、陶芸への情熱は消えることがない。喜美子は自らの窯を開き、独自の信楽焼を見出していく。

「スカーレット」の見逃し配信を楽しむ方法

本作品の配信情報は2020年3月21日時点のものです。配信または見放題が終了している可能性がありますので、現在の配信状況については各動画配信サービスでご確認ください。

実は連続テレビ小説って総合、BSの再放送、土日のダイジェストまで合わせると8回放送されているんです。
さすがにこれだけ放送されているならどこかでチェックできるでしょう。

<総合>
 本放送(月~土)午前8時~8時15分
 再放送(月~土)午後0時45分~1時

<BSプレミアム>
 本放送(月~土)午前7時30分~7時45分
 再放送(月~土)午後11時30分~11時45分
 再放送(土)午前9時30分~11時[1週間分]

<ダイジェスト放送 総合>
「スカーレット 一週間」(20分)
 (日)午前11時~11時20分

「5分で『スカーレット』」
 (日)午前5時45分~5時50分/午後5時55分~6時

これらどれも見損ねたという可哀そうなあなたに、「スカーレット」を視聴できる動画配信サービスをご紹介します。

「スカーレット」は、NHKオンデマンドのまるごと見放題パックで見ることができます。

NHKオンデマンドのまるごと見放題パックで配信される場合は、U-NEXTかAmazonプライムビデオを利用して見るのが賢い見方です。

「NHKオンデマンド」のプラン内容は、2020/03/01から変更されています。
<これまで>
それぞれ別プランとして存在していましたが3月以降は1プランに統一されています。
(1)見逃し見放題パック(月990円 税込)
 番組放送後〜2週間後まで配信 
(2)特選見放題パック(月990円 税込)
 放送後2週間以降より配信

<2020/3/1〜>
放送中の見逃し配信も、過去作品(アーカイブ)も1つのプランで視聴可能になりました。
〇まるごと見放題パック(月990円 税込)
 ・過去作品(旧特選見放題パックと同じ)
 ・放送中作品(放送後より配信開始)

無料のお試し期間あり

各エピソードを無料で視聴できる動画配信サービスはありませんが、どの動画配信サービスでも無料のお試し期間がありますので月額料金なしで楽しむことができます。

この無料のお試し期間に他にも気に入ったコンテンツがたくさん見つかれば、そのまま継続利用していれば自動更新されて有料会員になります。継続利用しない場合は必ず期間内に解約手続きをしましょう。

「スカーレット」をU-NEXTで楽しむ方法

 月額料金: 月額1,990円(税抜)
 PPV(都度課金): あり
 動画数: 約170,000本(見放題作品 140,000本)
 画質: SD/HD/4K
 ダウンロード機能: あり
 無料お試し期間: 31日間
 支払方法: クレジットカード、ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、Amazon.co.jp支払い、U-NEXTカード/ギフトコード

NHKオンデマンドの作品をU-NEXT経由で見る場合、単品でも見ることが出来ますし、まるごと見放題パックを契約することも出来ます。

「スカーレット」は1話110円(税込み)ですが、無料会員登録時に600円分のポイントをもらえるので、5回までは単品で無料で見ることができますよ。お金を払いたく無い人はそれ以上見逃さないようにしましょう。

また、継続利用する場合も毎月貰える1,200ポイントをNHKオンデマンドのまるごと見放題パックの月額利用料990円に適用することができます。

31日間無料会員登録はこちら U-NEXT

U-NEXTの無料会員登録・解約方法について詳しく知りたい方は以下を参考にして下さい。
U-NEXTに無料会員登録する方法
U-NEXTを解約する方法

「スカーレット」をAmazonプライムビデオで楽しむ方法

 月額料金: 月額500円(税込)
 PPV(都度課金): あり
 動画数: 約30,000本
 画質: SD/HD/4K
 ダウンロード機能: あり
 無料お試し期間: 30日間
 支払方法: クレジットカード、ドコモ払い、auかんたん決済

NHKオンデマンドの作品をAmazonプライムビデオ経由で見る場合、Amazonプライムビデオチャンネルとして、まるごと見放題パックを契約することになります。

Amazonプライム会員であれば、月額990円の追加料金で見ることができ、NHKオンデマンドを直接契約する場合と同じ金額です。

30日間無料会員登録はこちら Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオの無料会員登録・解約方法について詳しく知りたい方は以下を参考にして下さい。
Amazonプライムビデオに無料会員登録する方法
Amazonプライムビデオを解約する方法

さらに、なんと学生向けにはプライム会員特典を半額で利用できるプログラムがあるのです。

月間プラン250円、年間プラン2,450円。無料お試し期間6ヶ月間無料。

無料期間でも「プライム・ビデオ」を利用可能になりました。

絶対お得です!

学生向け6ヶ月無料会員登録はこちら Amazon Prime Student

「スカーレット」の各エピソードあらすじ

以下は、NHK連続テレビ小説「スカーレット」の公式サイトで紹介されているストーリーです。

第1週 「はじめまして信楽(しがらき)」

滋賀・信楽の女性陶芸家・川原喜美子(戸田恵梨香)。土と炎に向き合う女の物語。昭和22年、9歳の喜美子(川島夕空)は、父の常治(北村一輝)、母のマツ(富田靖子)、二人の妹と共に大阪からやってきた。何かと世話を焼いてくれる信楽の人々のおかげで、貧しいながらも楽しい生活が始まる。焼き物の町・信楽で、喜美子は信楽焼に出会う。だが今の喜美子は学校へ通い、妹たちの面倒を見て、家事を手伝うことで精いっぱい。ある日、父が草間宗一郎(佐藤隆太)という青年を連れてくる。草間は満州からの引き揚げ者で、生きる気力を失っていたが、喜美子たちとの交流で少しずつ元気を取り戻す。喜美子はそんな草間から、失礼な態度を忠告されたり、絵の才能をほめられたりしながら、人として大切なことを学んで成長する。

第2週 「意地と誇りの旅立ち」

信楽で初めての冬を迎えた喜美子(川島夕空)。父・常治(北村一輝)を探して借金取りがやってくるも、間一髪で、川原家を訪ねてきた草間宗一郎(佐藤隆太)の柔道に助けられる。それがきっかけで、喜美子は同級生たちと一緒に草間から柔道を習うことに。5年後、喜美子(戸田恵梨香)は中学卒業を控えていた。常治が見つけた仕事先は、遠い大阪。卒業式の後、別れを惜しむ照子(大島優子)が、喜美子に柔道勝負をもちかける。喜美子と照子と信作(林遣都)。幼なじみの3人は泣き笑いの最後の時間を過ごす。その夜、喜美子は常治に「ずっと信楽にいたい!」と涙ながらに訴えるも、願いはかなわない。旅立ちを前に喜美子は、夕日が美しい丘で、焼き物のカケラを見つける。

第3週 「ビバ!大阪新生活」

中学を卒業後、大阪で働くことになった喜美子(戸田恵梨香)。勤め先は下着デザイナーの荒木さだ(羽野晶紀)が営む、荒木荘という下宿屋。喜美子はそこで個性豊かな住人たちと出会う。新聞記者の庵堂ちや子(水野美紀)、医学生の酒田圭介(溝端淳平)、元公務員の変わり者・田中雄太郎(木本武宏)だ。新米女中として、元女中の大久保(三林京子)に厳しく鍛えられて1か月。喜美子がもらったお給料はたったの千円だった。ある日喜美子は、ちや子に連れられ、さだの「下着ショー」を見に行くことに。道中、ちや子が働く新聞社に立ち寄った喜美子は、荒れた社内を見かねて手際よく片づける。そんな喜美子の仕事ぶりを見たちや子の上司(辻本茂雄)から、給料5倍で引き抜きの打診が!

第4週 「一人前になるまでは」

喜美子(戸田恵梨香)が荒木荘の新米女中として働きだして1か月。少ない給料に気落ちする喜美子に、ちや子(水野美紀)の新聞社から給料5倍で引き抜きの誘いが。喜美子の心は大きく揺れるが、大久保(三林京子)に認められたいと思いとどまる。一方、信楽では喜美子の実家に泥棒が入るという事件が。困った常治(北村一輝)が、喜美子の給料を前借りしようと荒木荘にやってくる。常治を前に、大久保は初めて喜美子をほめ、ストッキングの修復は内職だったとその場で内職代を支払ってくれる。2年半後、喜美子は女中仕事全般を任されるまでに。ある時、下宿人の医学生・圭介(溝端淳平)はあき子(佐津川愛美)という女性に一目ぼれ。喜美子は自分の思いに気づかず、圭介の恋に協力を申し出る。

第5週 「ときめきは甘く苦く」

喜美子(戸田恵梨香)の協力が実って、圭介(溝端淳平)の片思い相手・あき子(佐津川愛美)が荒木荘にやってくる。ちや子(水野美紀)に指摘され、喜美子は圭介への恋心に気づくが、思いは伝えられぬまま。喜美子に嫉妬したあき子に促された圭介は、荒木荘を去ることに。こうして喜美子の初恋は終わりを告げる。その後、喜美子は芸術家・ジョージ富士川(西川貴教)のサイン会で、草間宗一郎(佐藤隆太)と再会。生き別れた草間の妻が見つかったと聞き喜ぶ喜美子。しかし、妻は別の男性と一緒に、近くの商店街で食堂を営んでいるという。喜美子は、妻に会うことをちゅうちょする草間を説得し、2人で食堂へ。妻と再会しても普通の客を装う草間。喜美子も黙って見守る。やがて妻が妊娠していることがわかり、草間は離婚届をテーブルに置き、何も言わずに店を出るのだった。

第6週 「自分で決めた道」

常治(北村一輝)から、マツ(富田靖子)が倒れたといううそで信楽に呼び戻された喜美子(戸田恵梨香)。これからは信楽に戻って働くよう命ぜられる。常治の仕事がうまくいかず、マツの薬代が払えないほどにひっ迫した家計状況や、家事負担がかかる直子(桜庭ななみ)らのつらさを知った喜美子は、美術学校への進学を諦めて帰郷する決意をする。さだ(羽野晶紀)らに事情を話すため大阪に戻った喜美子は、大久保(三林京子)から女中としての仕事ぶりを認められつつ、涙ながらに荒木荘を送り出される。すれ違いで直接別れを伝えられなかったちや子(水野美紀)には惜別の手紙を残す。信楽に帰った喜美子は、照子(大島優子)の実家の丸熊陶業で働くことに。そこで目にした絵付け火鉢に、興味をひかれる。

第7週 「弟子にしてください!」

深野心仙(イッセー尾形)に火鉢の絵付けを学びたい喜美子(戸田恵梨香)。しかし修業には何年もかかるうえ、修業中は無給と聞き、諦めることに。そんな折、ちや子(水野美紀)が信楽に現れる。雑誌記者として活躍するちや子の話を聞くうち、 喜美子は絵付けへの思いがあふれ、大泣きしてしまう。マツ(富田靖子)が別の陶業会社で学べるよう段取りし、常治(北村一輝)に話すが、認められない。しかし喜美子は、日本画家だった深野が、従軍画家を経て、平和の象徴のような絵付け火鉢に出会ったという話を聞き、ますます深野心仙に学びたいと熱望。他で学ぶことは考えられなくなる。一方、飲み屋で偶然同席した深野から「弟子入りを志願する女の子が来たが長続きしない」と言われた常治は思わず反論。翌日、喜美子が絵付けを学ぶことを許し、とうとう喜美子は深野の9番目の弟子となった。

第8週 「心ゆれる夏」

喜美子(戸田恵梨香)が深野心仙(イッセー尾形)の弟子になって3年。中学生になった百合子(福田麻由子)ら家族の助けもあって、喜美子は火鉢の絵付け技術の習得に明け暮れている。就職が決まった直子(桜庭ななみ)は念願の東京へ。心配でたまらない常治(北村一輝)は東京まで付き添うのだった。初めて火鉢のデザインを許された喜美子は、多くの人に愛されるような図柄を懸命に考案。事業拡大をもくろむ照子(大島優子)の夫・敏春(本田大輔)は、喜美子のデザインを採用。喜美子を信楽初の女性絵付け師として取り上げるよう、新聞社に取材を依頼し、喜美子は「マスコットガール・ミッコ-」という虚像を演じさせられた。新設された商品開発室にやってきた美術大学出の青年・十代田八郎(松下洸平)は、記事のことでなぜか喜美子に腹を立てている。家宝だった深野の日本画を戦時中、闇市に売ってしまったと涙ながらに告白した八郎は、尊敬する深野のことに一切触れない記事が許せなかったのだ。そんな八郎の話を聞いた喜美子は、八郎のために絵を描き始める。

第9週 「火まつりの誓い」

八郎(松下洸平)が昔、闇市で売ってしまった深野心仙(イッセー尾形)の日本画を喜美子(戸田恵梨香)は想像で再現。その絵を八郎に手渡したことをきっかけに、2人の距離は少しずつ近づいていく。そんな中、丸熊陶業の社長が急死。照子(大島優子)の夫が若社長となり、深野は信楽を去ることに。常治(北村一輝)とマツ(富田靖子)は、深野が一から絵付けを学び直しに行くという長崎に、喜美子もついて行ってしまうのではないかと心配するが、喜美子は一人丸熊陶業に残ることを決心する。そして迎えた火祭りの夜。喜美子は、八郎や深野らと一緒に大きなたいまつを担いで歩き、八郎と並んで神社にお参りをする。秋になり、喜美子がデザインした絵付け火鉢が完成。八郎に見せに行こうと商品開発室を訪ねた喜美子は、一心に陶芸をしている八郎の姿を目にする。

第10週 「好きという気持ち」

一人前の火鉢の絵付け師となった喜美子(戸田恵梨香)は、陶芸に取り組む八郎(松下洸平)の姿を目にし、心をひかれる。川原家では東京の直子(桜庭ななみ)からの「モウアカン」という電報に大騒ぎ。喜美子が助けを求めた草間(佐藤隆太)が、直子を連れ帰ってくる。直子はかなわぬ恋に疲れていたのだ。喜美子は、男女が毎日一緒にいることにためらう八郎を押し切り、陶芸を教えてもらうことに。二人の距離は徐々に縮まっていく。そんなある日、喜美子の信楽焼のカケラを見に八郎が家までやってきた。カケラの話で盛り上がった2人だったが、八郎は信作(林遣都)が企画したお見合い大作戦に参加するため、早々に帰ってしまう。喜美子はたまらずあとを追いかけ「好きや!」と告白。八郎に抱きしめられる喜美子。しかしその目線の先には、常治(北村一輝)と信作と百合子(福田麻由子)が…。

第11週 「夢は一緒に」

八郎(松下洸平)に思いを伝えた喜美子(戸田恵梨香)。しかし抱きよせられたところを常治(北村一輝)と信作(林遣都)と百合子(福田麻由子)が目撃。激怒した常治は八郎を殴って喜美子を連れ帰る。信作の手引きで八郎の家を訪ねた喜美子。二人は将来へ思いを一つにする。しかし常治は八郎の挨拶を拒み続け、マツ(富田靖子)と百合子は心配を募らせる。ある日、商品開発室にやってきた照子(大島優子)が急に産気づき、喜美子と八郎は付きそうことに。喜美子を家まで送った八郎は、ついに常治への挨拶が許される。常治はマツに苦労ばかりかけてきた自分の人生を引き合いに出し、八郎には陶芸家になる夢を諦め、堅実に生きてほしいと頭を下げる。しかし喜美子は猛反発。常治の願いを一度は承諾した八郎も、撤回して二人で夢を見させてほしいと懇願する。マツの働きかけもあり、常治は、八郎が陶芸展で賞を取ることを条件に、二人の結婚を許すのだった。

第12週 「幸せへの大きな一歩」

陶芸展での入賞を条件に、常治(北村一輝)から結婚を許された喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)。八郎は陶芸展に出す作品と、大野夫妻(マギー、財前直見)が開店するカフェのコーヒー茶わん作りに追われている。すると喜美子がコーヒー茶わん作りを手伝いたいと泣きながら訴え、集中力を発揮して作り上げ、八郎を驚かせる。やがて八郎がめでたく受賞し、そのお祝いと喜美子との結婚祝いが行われた夜、常治はようやく心から八郎を受け入れる。迎えた結婚写真撮影当日。八郎の姉と、東京から直子(桜庭ななみ)も帰ってくる。準備に追われるさなか、橘ひろ恵(紺野まひる)からコーヒー茶わんの注文が。婚礼衣装のまま駆けつけた喜美子と八郎。しかし注文量の多さに断念せざるを得ず、早く力をつけようと誓う喜美子だった。昭和40年夏。川原家の敷地には喜美子と八郎の作業場が完成し、2人の間には男の子・武志が生まれ、すでに4歳になっている。

第13週 「愛いっぱいの器」

昭和40年夏。喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)の間には4歳の武志がいる。八郎は作品づくりにいそしみ、喜美子は食器作りで家計を支えている。常治(北村一輝)の体調が悪く、もう長くないと知った喜美子は、家族で支えようと誓う。常治を励ますため、家族で愛を込めた絵や文字を絵付けした大皿を作った。皿に盛られたのは、大野(マギー)が戦地での約束を果たすために一家で作ったマツタケごはん。常治はみなに囲まれ、安らかな最期を迎える。直子(桜庭ななみ)が帰宅したのはその年の冬。「帰ってくるな」という常治との約束を守ったのだと言う。ある日、武志が熱を出し、ジョージ富士川(西川貴教)の実演会に行けなかった喜美子のために、照子(大島優子)と八郎は、ジョージを連れ帰り、特別実演会を開く。ジョージに触発された八郎の作品は金賞を受賞。父を亡くしてからずっと泣くのをこらえていた喜美子も、自分の作品づくりに向きあう中で、ようやく涙を流すことができ、初めての作品を完成させた。

第14週 「新しい風が吹いて」

喜美子(戸田恵梨香)が初めての作品を作ってから3年。喜美子は八郎(松下洸平)を支えることに専念しているが、八郎は金賞受賞作品を超える作品を生み出すことができず、行き詰まりを感じていた。そんな折、深野心仙(イッセー尾形)の元で共に絵付けをした兄弟子の池ノ内(夙川アトム)と磯貝(三谷昌登)が弟子入り志望の三津(黒島結菜)という若い女性を連れて来た。八郎は難色を示すが、美大出身で明るい性格の三津が八郎のよい刺激になると考えた喜美子は、三津を弟子にするよう後押しして、受け入れることに。早速、三津は新しい材料を取り入れることを提案するが、信楽の土にこだわる八郎はそれを拒否する。喜美子も「前に作った物を壊してでも前に進もう」と説得するが、八郎は「喜美子と僕は違う人間や」と反発。ついには三津に「好きやけど喜美子が横におられるとしんどい」と告白するのだった。

第15週 「優しさが交差して」

作品作りに悩む八郎(松下洸平)に、喜美子(戸田恵梨香)は個展をやめるよう進言するが、八郎は承知しない。自分が稼ごうと久しぶりに大量注文を受けた喜美子は、物作りへの情熱を取り戻す。そして、三津(黒島結菜)のことばから、八郎を追い詰めたのが自分であることを知るとともに、三津の八郎への憧れを感じとる。一方、結婚を決めた信作(林遣都)と百合子(福田麻由子)は川原家にあいさつに行くタイミングを画策している。そんな中、大阪にいる直子(桜庭ななみ)が交際相手の鮫島(正門良規)との間に子どもを授かったと突然帰ってくる。妊娠はお金を用立ててもらうためのうそだと見抜いたマツ(富田靖子)は激怒するが、喜美子と百合子が笑い飛ばしたことで、家族は直子を許し、久しぶりに水入らずの時間を過ごす。そんな折、喜美子の次世代展落選を知らせる電話がかかってくる。喜美子と八郎は再び、夫婦ノートにこれからのことを書く約束をする。そして八郎が個展の下見に東京に出かけた間、喜美子は新しい作品作りを始める。

第16週 「熱くなる瞬間」

八郎(松下洸平)が不在の間、作陶に精を出す喜美子(戸田恵梨香)。ある晩、照子(大島優子)と信作(林遣都)と3人で語り合った喜美子は信楽焼のカケラを初めて2人に見せる。そのことが喜美子の作陶への意欲をさらにかきたてる。一方、信作は百合子(福田麻由子)にきちんと結婚を申し込む。戻ってきた八郎は、ジョージ富士川(西川貴教)と一緒だった。富士川は以前見たカケラをもう一度見たいと言う。窯業研究所の柴田(中村育二)と富士川の話から、カケラの色は釉薬(ゆうやく)をかけずにまきで焼いただけの自然の産物だということが分かる。カケラの色を再現したい思いに駆られる喜美子。まきで焼く穴窯を作った人を探すと、喜美子が子どもの頃に出会った慶乃川(村上ショージ)にたどり着く。亡き慶乃川のおいの話によると、穴窯には莫大なまき代がかかるという。諦めかけた喜美子の背中を押したのは八郎だった。半年がかりで穴窯が完成。いよいよ火を入れるが、なかなか目標温度に到達しない。不安になった喜美子が八郎に相談しようと工房に行くと、八郎と三津(黒島結菜)が寄り添って眠っていた。目覚めた三津は八郎に顔を近づけ…。

第17週 「炎を信じて」

八郎(松下洸平)との別居が続く喜美子(戸田恵梨香)は、借金をしてまで穴窯を続けている。工夫しながら何度も窯だきするうち、試作品に少しずつ色がつき始める。マツ(富田靖子)からの手紙を受け取った草間(佐藤隆太)が信楽へ。草間との再会で喜美子の決意は一層強くなる。百合子(福田麻由子)とようやく結婚写真を撮影した信作(林遣都)から、喜美子がこれまでにないほど長い期間、窯をたくと聞いた八郎は心配して猛反対する。しかし、喜美子は押し切り、家族総出で7回目の窯だきを始める。そしてついに理想の色の焼き物が。陶芸家・川原喜美子の誕生だ。7年後、喜美子は陶芸家としての名声を手に入れていた。高校2年生になった息子の武志(伊藤健太郎)は陶芸に興味があるものの、成功と引き換えに大事な人を失った喜美子の人生を目の当たりにし、進路に悩んでいた。そんな武志の背中を押したのは5年前に喜美子と離婚した父・八郎だった。そして武志は無事、八郎の母校である京都の美術大学に合格する。

第18週 「涙のち晴れ」

喜美子(戸田恵梨香)は、眠りながら寄り添う八郎(松下洸平)と三津(黒島結菜)を見て動揺するが、ひとり穴窯と向き合い、目標温度を達成する。ひと安心した朝、鮫島(正門良規)がやってきて、電話で直子(桜庭ななみ)に公開プロポーズする。一方、三津は、八郎への思いを隠し川原家を去る。その翌日、取り出した穴窯の作品は焼きが足らず失敗。さらに2回目も失敗してしまう。多額のまき代がかかる穴窯での作品作りを続けるため、武志の貯金まで使おうとする喜美子。八郎は反対するも喜美子は聞く耳を持たず、八郎はついに武志を連れて家を出る。聞きつけた照子(大島優子)が怒り心頭で説得するが、喜美子は穴窯を成功させることしか頭にない。度重なる失敗に絶望した喜美子は、百合子(福田麻由子)と信作(林遣都)の勧めで大阪のちや子(水野美紀)を訪ねる。そこには、歌手として成功した雄太郎(木本武宏)、大久保(三林京子)、さえずりのマスター(オール阪神)の姿が。大阪時代を支えてくれた人たちとの再会が喜美子を励まし、信楽に戻った喜美子はもう一度、穴窯に挑戦する決意を固める。

第19週 「春は出会いの季節」

京都の美大に合格した武志(伊藤健太郎)を送り出した後、喜美子は毎月欠かさず養育費を送ってくれた八郎(松下洸平)にお礼の電話をするが、留守番電話だった。母娘4人がそろったある夜、マツ(富田靖子)は縁側で“幸せな死に方”について語る。そして数か月後、マツは自身が望んだ通りの穏やかな死を迎える。マツが亡くなり3年半。武志の卒業を間近に八郎が信楽を訪れ、喜美子と十数年ぶりに会う。あらたまった雰囲気で武志のことを話し合ったふたり。互いにお礼を伝え、八郎は去る。信楽に戻った武志は、大学の恩師を追いかけて窯業研究所に入ると報告。穴窯を継ぐことはできないと謝る武志は自立のため1人暮らしを始める。またひとりになった喜美子の前に、喜美子の作品のファンだという女性・小池アンリ(烏丸せつこ)が現れる。 元女優で天真らんまんな雰囲気のアンリ。指で触れて作品の“音楽”を聴くというアンリのユニークな鑑賞方法に喜美子は驚く。そしてふたりの間には次第に友情めいたものが芽生える。

第20週 「もういちど家族に」

喜美子(戸田恵梨香)はアンリ(烏丸せつこ)とワインを飲み明かし、酔った勢いで一緒に暮らすことに。喜美子は酔った自分が八郎(松下洸平)の名を呼びながら泣いていたと聞き驚く。照子(大島優子)がすき焼きをしようと肉を持ってやってくる。さらに誘われた信作(林遣都)が八郎を連れて現れる。喜美子と八郎の間には微妙な空気が漂うが、アンリのこれまでの人生の話に皆引き込まれていく。武志(伊藤健太郎)は両親が共に食事をしたと聞き大喜び。喜美子は武志の気持ちを察してやれなかったことを詫びる。再び川原家にやってきた八郎に武志は陶芸のこと、離婚のことを矢継ぎ早に質問する。そして喜美子は、武志や周りに気を遣わせないためにもわだかまりを捨て、新しい関係を築こうと八郎に提案する。後日、アンリに頼まれていた花瓶が完成。パリ行きを誘われていた喜美子は信楽に残り陶芸を続けることを選ぶ。アンリは「人を思うことで自分の人生も豊かになる」ということばを残し笑顔で去って行った。

第21週 「スペシャル・サニーデイ」

カフェSUNNYでは、福引きの賞品で大野(マギー)と陽子(財前直見)が孫二人を連れて有馬温泉に出かけようとしている。信作(林遣都)と百合子(福田麻由子)が店番をしていると敏春(本田大輔)が来店。三人で話すうち、「信作と13人の女」の話題に。二人の微妙な雰囲気をとりなそうと敏春が照子(大島優子)の愚痴を言っているところへ彼女が来店。怒る照子を信作が、落ち込む敏春を百合子がなだめ、 夫婦は仲直りする。次に来店したのは、百合子の中学時代の同級生・近藤彬(中山義紘)。百合子が高校進学の際、喜美子(戸田恵梨香)が頑張ってくれたことなどを楽しそうに話す二人。近藤が昔、百合子のことを好きだったと知った信作は、みなが帰ったあと百合子にからんでしまい、百合子は店を飛び出す。そこへお母さん合唱団が来店。その後も客が途切れず、信作はひとりてんてこまい。戻った百合子は合唱団の録音テープに録音されていた信作の奮闘ぶりを聞き、素直に謝る。久しぶりに夫婦の会話をした信作と百合子は疲れてカウンターで眠ってしまう。帰宅した大野夫妻と娘たちは、そんな二人をほほえましく見守る…。

第22週 「いとおしい時間」

喜美子(戸田恵梨香)は信作(林遣都)から頼まれて観光客向けの陶芸教室を開くことになる。武志(伊藤健太郎)は亜鉛結晶を用いた作品に挑戦することに。うまくいけば雪を降らせたような仕上がりになるはずだ。そんな折、喜美子は、照子(大島優子)が敏春(本田大輔)のことで病院にいくのに付き合い、医師の大崎(稲垣吾郎)を見かける。陶芸教室のあと、喜美子は初心者に陶芸に親しんでもらうことにやりがいを感じ、子どもを含めた地元の人たちに楽しんでもらおうと考える。喜美子は改めて、陶芸教室を自分で企画し、八郎(松下洸平)にうきうきと計画を話す。一方、亜鉛結晶を使った作品は無事完成。陶芸の次世代展に応募した武志は、体調に不安を感じる。人づてに聞いた喜美子は心配するが、武志は受けつけない。ある日、武志から大きな病院での検査の必要があると聞かされる。武志の前では不安を押し殺す喜美子。二人で訪れると、担当はあの大崎医師だった。検査を受け、武志が命にかかわる病気にかかっているとわかる。大崎は親身な言葉をかけるが、喜美子は容易に受け止められず、武志に病名告知をするか悩む。いつもどおりに振る舞おうとする喜美子だがついに照子の前で…。

第23週 「揺るぎない強さ」

喜美子(戸田恵梨香)は、武志(伊藤健太郎)に病名を告知するかどうかで悩んでいた。しかし八郎(松下洸平)を交えて、穏やかな日々が過ぎていく。始めた陶芸教室も陽子(財前直見)らが生徒になり、順調に進んでいる。自分の症状に疑問を持っている武志に気づいた喜美子は、母である自分が病名を告知しようと決意する。アパートを訪ねると、思いがけず石井真奈(松田るか)という若い女性が武志と一緒だった。ほほえましく思う喜美子だが、真奈が去ったあと、ようやく武志に病名を打ち明ける。病名を予測していたという武志に、喜美子は絶対に死なせないと断言する。武志は薬の量を増やし、いったん入院して治療することに。一方で八郎を含めた他の人に、病名を知られたくないと訴える。喜美子は大崎(稲垣吾郎)に相談し、揺れ動く患者の心に寄り添おうとする姿に、自分も力を得る。八郎とともにドナーになれるかどうか検査を受ける喜美子。直子(桜庭ななみ)や百合子(福田麻由子)も協力を申し出る。入院中の武志は、ジョージ富士川(西川貴教)の絵本を読んで思いを巡らせ、みんなに病気のことを打ち明けて、前向きに闘おうと決める。喜美子と八郎は、絵本に書き込まれた武志の願いに気づく。

第24週 「小さな希望を集めて」

武志(伊藤健太郎)のために検査を受けた喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)だが、いずれも骨髄移植のドナーにはなれなかった。喜美子は大崎(稲垣吾郎)から、患者の会があると聞き、同じ病気の高校生を持つ母親を会に誘って励まそうとするが、思わぬ結果となる。真奈(松田るか)ら若者たちも検査を受け、ちや子(水野美紀)も協力を申し出てくれたが、誰も適合しなかった。しかし喜美子は懸命に気を取り直し、感謝の気持ちを持つ。武志はあえて真奈と距離を取っていたが、訪ねてきた真奈のふとした忘れ物がきっかけで、陶芸のアイデアを得る。器の中に水が生きている様子を表現するという武志を、八郎も励ます。そして思いがけず、さだ(羽野晶紀)と圭介(溝端淳平)がやってくる。30年ぶりの再会。小児科医の圭介は、医学の進歩にふれ、喜美子を励ます。照子(大島優子)や信作(林遣都)らも手をつくすが、武志は体のためにアルバイトを辞め、陶芸に専念することに。直子(桜庭ななみ)のみやげで、若者たちを招いてすっぽん鍋を食べる。武志と真奈の仲をもどかしがる直子。ある日、喜美子は穴窯から、できあがった作品を出していた。母の自然釉の作品を見つめていた武志は…。

第25週 「炎は消えない」(最終週)

武志(伊藤健太郎)の、器の中で生きている水を表現した作品が完成し、喜ぶ喜美子(戸田恵梨香)。しかし同じ病気で亡くなった高校生からの手紙を受け取って、心情を初めて吐露する武志に、そのつらさを改めて思いやる。そんな二人に作品についての意外な気づきが光をもたらし、生きていることを実感する。信作(林遣都)の発案で信楽で「みんなの陶芸展」を開くことに。喜美子は陶芸教室の生徒とともに、自らも出品しようと決める。武志もさらに作品を作りはじめる。直子(桜庭ななみ)は武志と真奈(松田るか)をドライブに誘い出し、二人の様子に、お互いを思いあう愛情を見てとる。一方喜美子は八郎(松下洸平)とともに、武志と過ごす日々のいとおしさをかみしめる。そして、いよいよ「みんなの陶芸展」。照子(大島優子)の家族をはじめ、草間(佐藤隆太)やちや子(水野美紀)が訪れる。ジョージ富士川(西川貴教)もやってきて、喜美子が陶芸家として活躍していることを喜んでくれる。ジョージが呼びかけ、大きな紙に「今日が私の一日なら」をそれぞれに書くことになる。変わらぬ日々は特別な一日であるという武志の思いに、喜美子は、みんなで琵琶湖へ行くことを思いつく。

「スカーレット」を配信している動画配信サービスまとめ

「スカーレット」は、NHKオンデマンドのまるごと見放題パックで見ることができます。

NHKオンデマンドのまるごと見放題パックで配信される場合は、U-NEXTかAmazonプライムビデオを利用して見るのが賢い見方です。

U-NEXT

31日間無料会員登録はこちら U-NEXT




Amazonプライムビデオ

30日間無料会員登録はこちら Amazonプライムビデオ



「スカーレット」以外の2019秋のTVドラマについては、以下のページにおすすめのドラマとその配信サービスをご紹介しています。

おすすめのTVドラマ 2019秋はここから

動画配信サービスによっては、海外ドラマ等を過去シーズン全て見放題で配信していることもありますし、どの動画配信サービスでも無料のお試し期間があります。
この無料のお試し期間にもしも気に入ったコンテンツが見つからなければ解約すればお金は一切かかりません。
是非トライしてみて下さい。

それでは、良い動画ライフを!

国内ドラマカテゴリの最新記事