ドラマ「文学処女」を見逃し配信している動画配信サービス

ドラマ「文学処女」を見逃し配信している動画配信サービス

2018年の10月からTBS系にてドラマ「文学処女」が放送されています。

恋を知らない女と、恋ができない男。歪な関係から生まれる、遅咲きの恋の話。「LINEコミックス」作品としては初の実写ドラマ化。

お試しの無料会員登録を使って、放送済みのエピソードを見逃し配信で見れるスゴ技をご紹介します。

おすすめのTVドラマ 2018秋はここから

「文学処女」ってどんなドラマ?

 放送期間: 2018年9月11日 ~
 放送時間: TBS:火曜 1:28~、MBS:日曜 0:50~
 放送局: MBS・TBS系
 出演者: 森川葵、城田優、中尾 暢樹
 原作: 中野まや花「文学処女」(漫画)
 公式サイト: 毎日放送MBSドラマイズム「文学処女」公式サイト

毎日放送MBSドラマイズム「文学処女」公式サイトでは、以下のとおり紹介しています。


恋を知らない女と、恋ができない男。歪な関係から生まれる、遅咲きの恋の話。
文芸編集部の月白鹿子は、未だ本当の恋も、男も知らない。
しかし、人気小説家・加賀屋朔の担当編集になったことで、はじめて欲を自覚していき…

森川葵×城田優がダブル主演で「大人の初恋」を描く。

毎日放送MBSドラマイズム「文学処女」公式サイト

「文学処女」の見逃し配信を楽しむ方法

本作品の配信情報は2018年11月3日時点のものです。配信または見放題が終了している可能性がありますので、現在の配信状況については各動画配信サービスでご確認ください。

「文学処女」を配信している動画配信サービスのおすすめは、dTV、huluとU-NEXTです。いずれも会員登録していれば「文学処女」が見放題です。

無料のお試し期間あり

いくら各エピソードの視聴が無料でも、月額料金がかかります。しかしながら、どの動画配信サービスでも無料のお試し期間があります。

この無料のお試し期間に他にも気に入ったコンテンツがたくさん見つかれば、そのまま継続利用していれば自動更新されて有料会員になります。継続利用しない場合は必ず期間内に解約手続きをしましょう。

「文学処女」をdTVで楽しむ方法

 月額料金: 月額500円(税抜)
 PPV(都度課金): あり 
 動画数: 約120,000本
 画質: SD/HD/4K
 ダウンロード機能: あり
 無料お試し期間: 31日間
 支払方法: クレジットカード、デビットカード、ドコモ払い

TV放送済みの全エピソードが見放題です。

31日間無料会員登録はこちら dTV

dTVの無料会員登録・解約方法について詳しく知りたい方は以下を参考にして下さい。
dTVに無料会員登録する方法
dTVを解約する方法

「文学処女」をhuluで楽しむ方法

 月額料金: 月額933円(税抜)
 PPV(都度課金): なし
 動画数: 約50,000本
 画質: HD
 ダウンロード機能: なし
 無料お試し期間: 2週間
 支払方法: クレジットカード、ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、iTunes Store決済、Huluチケット、デビットカード、PayPal

TV放送済みの全エピソードが見放題です。

2週間無料会員登録はこちら hulu

Huluの無料会員登録・解約方法について詳しく知りたい方は以下を参考にして下さい。
Huluに無料会員登録する方法
Huluを解約する方法

「文学処女」をU-NEXTで楽しむ方法

 月額料金: 月額1,990円(税抜)
 PPV(都度課金): あり
 動画数: 約130,000本
 画質: SD/HD/4K
 ダウンロード機能: あり
 無料お試し期間: 31日間
 支払方法: クレジットカード、ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、Amazon.co.jp支払い、U-NEXTカード/ギフトコード

TV放送済みの全エピソードが見放題です。

31日間無料会員登録はこちら U-NEXT

U-NEXTの無料会員登録・解約方法について詳しく知りたい方は以下を参考にして下さい。
U-NEXTに無料会員登録する方法
U-NEXTを解約する方法

「文学処女」をその他のメディアで楽しむ方法

「文学処女」を書籍・電子書籍で楽しむ方法

「文学処女」の各エピソードあらすじ

以下は、毎日放送MBSドラマイズム「文学処女」公式サイトで紹介されているストーリーです。

第1話

出版社の文芸編集部で働く月白鹿子(森川葵)は、恋愛経験がない26歳。超売れっ子ミステリー作家、加賀屋朔(城田優)の担当に抜擢され張り切る鹿子だったが、加賀屋の機嫌を損ねてしまい、「もうお宅では書きません」と引導を渡されてしまう。
そんな絶体絶命の中、加賀屋がノミネートされた文学賞の受賞発表の日を迎えた鹿子。鹿子が加賀屋に近づけずにいる一方で、常に加賀屋の隣をキープするライバル社の美人編集者、有明光稀(泉里香)。
果たして鹿子は、加賀屋に担当として認めてもらえるのか?そして、加賀屋との恋の行方は──?

毎日放送MBSドラマイズム「文学処女」公式サイト

第2話

加賀屋(城田優)の機嫌を損ねてしまった鹿子(森川葵)はホテルの部屋に連れていかれる。まさか処女喪失の危機……!?と思いきや、加賀屋は打合せをしようと言い出す。
鹿子は加賀屋の恋愛小説が再び読みたいと語るが、頑なにそれを拒む加賀屋。
そんな加賀屋に、鹿子は26年間恋愛経験が全くなかったことを打ち明ける。「こんな話役に立たないですよね……」と落ち込む鹿子の手を取り、優しい眼差しを向ける加賀屋。「どんな恋がしてみたい?」加賀屋に導かれるように「女の顔」を覗かせる鹿子。急接近した二人の恋の行方は───?

毎日放送MBSドラマイズム「文学処女」公式サイト

第3話

ホテルのベッドで上半身裸の加賀屋(城田優)とともに目を覚ました鹿子(森川葵)。「まさか先生と……!?」酔っ払っていたのか全く記憶がない鹿子だったが、加賀屋から「何もなかった」と聞かされる。安心したのも束の間、自分から加賀屋にキスをしたという衝撃の事実が発覚。
一方、密かに鹿子を想っている同僚の望月(中尾暢樹)は、鹿子と加賀屋の関係が気になって仕方がない。
「私は加賀屋先生のことが好きなの?」自分の気持ちがわからないまま迎えた加賀屋のサイン会当日。鹿子は不注意から加賀屋の手に怪我をさせてしまい──?

毎日放送MBSドラマイズム「文学処女」公式サイト

第4話

サイン会を終えた鹿子(森川葵)は、加賀屋(城田優)へのこれまで感じたことのない胸の高鳴りを感じていた。
同僚の望月(中尾暢樹)からもアプローチを受け、もはや大混乱の鹿子。そんな中、原稿が間に合わないという加賀屋に呼び出される鹿子。いつになく弱り切った加賀屋の姿に愛おしさを感じていると、赤文社の光稀(泉里香)がやってくる。二人のただならぬ関係性に、胸がズキズキと痛む鹿子。鹿子は少しずつ、加賀屋への恋心を自覚し始めていた。
そんな中、締め切りに間に合わせるために鹿子は泊まり込みで作業することになり──?

毎日放送MBSドラマイズム「文学処女」公式サイト

第5話

「先生、この気持ちは、恋でしょうか…」そんな鹿子(森川葵)の問いかけに「デートしようか」と言う加賀屋(城田優)。加賀屋は担当作家。行ってはいけないと思いつつも、デートに行ってしまう鹿子。
生まれて初めてのデート楽しみながら、加賀屋への想いが確かになっていくのを感じていた。そんな時、望月(中尾暢樹)と編集長の娘、三島暁里(古賀哉子)にバッタリ遭遇。そのまま4人で遊びに行くことになってしまう。
年下なのに恋愛上級者の暁里に背中を押され、気持ちを伝えようとする鹿子だったが、加賀屋の本音を聞いてしまい──?

毎日放送MBSドラマイズム「文学処女」公式サイト

第6話

加賀屋(城田優)の本音を聞いてショックを受ける鹿子(森川葵)。そんな鹿子に「俺は大事にするよ」と告白する望月(中尾暢樹)。しかし、加賀屋に鹿子を連れ去られてしまう。
そんな望月を複雑な気持ちを抱えながら励ます暁里(古賀哉子)。矛盾した行動ばかりの加賀屋に、鹿子は「先生が好きです」とまっすぐに気持ちを伝える。加賀屋も正直に自分の気持ちを告げる。想いを確かめ合った二人は、共に夜を過ごすために加賀屋邸へと向かった。
一方、三島(河原雅彦)に呼び出された光稀(泉里香)。そこで語られる加賀屋の過去とは──?

毎日放送MBSドラマイズム「文学処女」公式サイト

第7話

加賀屋(城田優)が鹿子(森川葵)との恋愛に踏み切れない理由──そこには加賀屋がかつて愛した女性、天村千夜香(田辺桃子)の存在があった。しかし、加賀屋のそんな過去を知りえない鹿子は、あの夜加賀屋に拒絶されてもなお、変わらぬ想いを抱いていた。
そんな鹿子の元に、記者から加賀屋へのインタビューの依頼が舞い込む。しかし、その記者は加賀屋の過去について知っているようで──?

毎日放送MBSドラマイズム「文学処女」公式サイト

第8話

加賀屋(城田優)が婚約者と死別していた事実を知る鹿子(森川葵)。「僕みたいな男はやめたほうがいい」そう鹿子を突き放す加賀屋。彼女の死の真相とは──?
傷ついた鹿子を家まで送る望月。二人きりになった鹿子と望月はどうなるのか──?
さらに、加賀屋から執筆活動を休止したいとの連絡が。二人の歪な恋の行方は──?

毎日放送MBSドラマイズム「文学処女」公式サイト

「文学処女」を配信している動画配信サービスまとめ

「文学処女」を配信している動画配信サービスのおすすめは、dTV、huluとU-NEXTです。いずれも会員登録していれば「文学処女」が見放題です。

dTV

31日間無料会員登録はこちら dTV



hulu

2週間無料会員登録はこちら hulu



U-NEXT

31日間無料会員登録はこちら U-NEXT





「文学処女」以外の2018秋のTVドラマについては、以下のページにおすすめのドラマとその配信サービスをご紹介しています。

おすすめのTVドラマ 2018秋はここから

動画配信サービスによっては、海外ドラマ等を過去シーズン全て見放題で配信していることもありますし、どの動画配信サービスでも無料のお試し期間があります。
この無料のお試し期間にもしも気に入ったコンテンツが見つからなければ解約すればお金は一切かかりません。
是非トライしてみて下さい。

おすすめの動画配信サービス 2018秋はここから

それでは、良い動画ライフを!

国内ドラマカテゴリの最新記事