メッシュWiFiルータのおすすめ

メッシュWiFiルータのおすすめ

最近ではオフィスだけでなく家庭でもWi-Fiを使ってインターネットに繋ぐことはあたり前となっていますが、コロナ禍でテレワークや在宅学習の機会が増え、更に利用機会が増えましたね。

家族でテレビ会議や動画コンテンツ視聴を快適にこなすことができるWi-Fiルータの中でメッシュ機能を搭載したルータをご紹介します。

メッシュWi-Fi

メッシュWi-Fiは、複数のルーターを組み合わせて網目のようにWi-Fiの電波を張り巡らせることができます。家の中で移動しても接続するWi-Fiを自動で切り替えるローミング機能も搭載しているので便利です。ただしメッシュWi-Fiのルーターが複数必要となるため、導入にある程度のコストが必要となります

Wi-Fi EasyMesh

Wi-Fi Allianceが提唱するメッシュWi-Fiの相互接続性を確保する認証プログラムで、メーカーやモデルが異なってもEasyMesh対応のルータであれば接続可能で、それぞれのルータがアクセスポイントとなり、1つの統合ネットワークとすることができます。無線接続だけでなく、有線接続でもネットワークを構築できるので、鉄筋コンクリート造や鉄骨造の建物でも、メッシュネットワークを利用できます。

メッシュWi-Fiを構築するならWi-Fi EasyMeshに準拠した製品がオススメですね。

メッシュWiFiルータを選択するポイント

転送速度

メッシュWiFiルータの中でもWi-Fi EasyMeshに準拠した製品は、Wi-Fi 6のみとなります。

Wi-Fi 6は、最新規格のIEEE802.11axをサポートしており、IEEE802.11axだとIEEE802.11acと比べて1.4倍ほど速くなりますが、2019年9月に登場した最新規格のため、パソコンやタブレット、スマホ側で対応している機種が限られていますから、Wi-Fi EasyMeshを使ってメッシュネットワークを構築しないなら今あえて購入する必要は無いように思います。

規格 名称 最大通信速度 周波数帯域
IEEE802.11a 54Mbps 5GHz
IEEE802.11b 11Mbps 2.4GHz
IEEE802.11g 54Mbps 2.4GHz
IEEE802.11n Wi-Fi 4 600Mbps 2.4GHz/5GHz
IEEE802.11ac Wi-Fi 5 6.9Gbps 5GHz
IEEE802.11ax Wi-Fi 6 9.6Gbps 2.4GHz/5GHz

周波数帯域

Wi-Fiルーターの電波は2.4GHzと5GHzの周波数帯域があります。お互いに自分のメリットが相手のデメリットとなっていて相互に補完するような関係になっています。

2.4GHz
壁や天井、家具などの障害物があっても遠くまで電波が届く点がメリットです。

5GHz
電子レンジやBluetoothなどの電波干渉を受けにくく安定している点がメリットです。

アンテナ数

ストリーム数とも呼ばれ、「4×4」や「2×2」のように表記されます。「4×4」の場合は、送信用アンテナ4本と受信用アンテナ4本を搭載していることを意味しており、ストリーム数が多いほど、同時に複数の端末と接続できます。

便利機能

MU-MIMO
家族で使っている、複数の端末を使っている、という場合はチェックしておきたい機能です。在宅勤務や在宅学習の機会が増えていますから、MU-MIMO(マルチユーザーMIMO)機能はある方が良いですね。

 SU-MIMO(シングルユーザーMIMO): Wi-Fiルーターに複数の端末を接続しても、1台ずつ順番に1対1で通信する方式です。そのため、接続する端末が多いと順番待ちが発生し、そのぶん速度が低下します。

 MU-MIMO(マルチユーザーMIMO): 1対多で通信する方式です。順番待ちになりにくいため速度低下を防げる可能性が高いです。同時接続が可能な端末数はルータにより異なります。

ビームフォーミング

Wi-Fiの電波に指向性を持たせ、特定の方向・端末に向けて飛ばすのが「ビームフォーミング」で、Wi-Fiルーターから離れた場所でも快適な通信を維持できます。Wi-Fiルータだけでなく、端末側も対応していないと使えません。

メッシュWiFiルータのおすすめ

バッファロー製

バッファローは、愛知県に本社を置く、パソコン周辺機器メーカーです。「AirStation」シリーズは、Wi-Fiルータの黎明期からトップシェアのブランドです。

バッファローのWi-Fi 6規格対応のルータは全製品がファームウェアのアップデートでWi-Fi EasyMesh対応となるそうです。

バッファロー WSR-5400AX6S

Wi-Fi EasyMesh対応製品です。

 間取り:戸建3階建、マンション4LDK
 接続:利用人数10人、台数30台
 アンテナ数:5GHz帯 4×4、2.4GHz帯 2×2
 最大転送速度:4803Mbps(11ax/5GHz)、573Mbps(11ax/2.4GHz)
 有線LANポート:WAN 1Gbps×1、LAN 1Gbps×4
 MU-MIMO:対応(最大2台)
 ビームフォーミング:対応
 メッシュWi-Fi:対応(Wi-Fi EasyMesh対応)
 本体サイズ:約59.0(幅)×175.0(奥行)×177.0(高さ)mm
 重量:約650g
 消費電力:14.6W(最大)
created by Rinker
¥14,800 (2021/07/28 00:20:43時点 楽天市場調べ-詳細)

バッファロー WSR-1800AX4S

Wi-Fi EasyMesh対応製品です。

 間取り:戸建2階建、マンション3LDK
 接続:利用人数5人、台数14台
 アンテナ数:5GHz帯 2×2、2.4GHz帯 2×2
 最大転送速度:1201Mbps(11ax/5GHz)、573Mbps(11ax/2.4GHz)
 有線LANポート:WAN 1Gbps×1、LAN 1Gbps×4
 MU-MIMO:対応(最大2台)
 ビームフォーミング:対応
 メッシュWi-Fi:対応(Wi-Fi EasyMesh対応)
 本体サイズ:約36.5(幅)×160.0(奥行)×160.0(高さ)mm
 重量:約373g
 消費電力:11.0W(最大)
created by Rinker
¥8,000 (2021/07/28 00:20:38時点 楽天市場調べ-詳細)

NECプラットフォームズ製

NECは、言わずと知れた、パソコンや周辺機器メーカーです。Wi-Fiルーターは「Aterm」シリーズを展開しています。

NECプラットフォームズ Aterm AX1800HP

Amazonオリジナルの商品で、同等の製品がWX1800HPというモデル名でNECから出る予定らしいですが、今のところは販売はありません。Wi-Fi EasyMesh対応製品です。2台セットでメッシュの設定済みなのですぐ使えます。

 間取り:?
 接続:?
 アンテナ数:5GHz帯 2×2、2.4GHz帯 2×2
 最大転送速度:1201Mbps(11ax/5GHz)、574Mbps(11ax/2.4GHz)
 有線LANポート:WAN 1Gbps×1、LAN 1Gbps×1
 MU-MIMO:対応(最大2台)
 ビームフォーミング:対応
 メッシュWi-Fi:対応(Wi-Fi EasyMesh対応)
 本体サイズ:約72.0(幅)×167.0(奥行)×137.0(高さ)mm
 重量:約500g
 消費電力:14.0W(最大)
created by Rinker
Aterm
¥25,850 (2021/07/28 00:20:43時点 Amazon調べ-詳細)

NETGEAR製

NETGEAR Nighthawk AX1800 MK62

メッシュWiFi無線LANルーター 2台セットです。気になる点は、有線バックホールはLANスイッチ経由ではなく、イーサネットケーブルによる直接接続という点ですね。

 間取り:最大200平方メートル
 接続:?
 アンテナ数:5GHz帯 2×2、2.4GHz帯 2×2
 最大転送速度:1201Mbps(11ax/5GHz)、574Mbps(11ax/2.4GHz)
 有線LANポート:WAN 1Gbps×1、LAN 1Gbps×1
 MU-MIMO:?
 ビームフォーミング:?
 メッシュWi-Fi:対応(Wi-Fi EasyMesh対応)
 本体サイズ:約122.0(幅)×122.0(奥行)×63.0(高さ)mm
 重量:約1,360g
 消費電力:?
created by Rinker
¥17,149 (2021/07/28 00:20:43時点 楽天市場調べ-詳細)


応援ポチッとお願いします!

にほんブログ村 動画紹介ブログ テレビ・ドラマ動画へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

デバイスカテゴリの最新記事