情報バラエティ「ブラタモリ」を見逃し配信している動画配信サービス

情報バラエティ「ブラタモリ」を見逃し配信している動画配信サービス

NHK総合テレビでタモリさんが司会を務めるの日本の紀行・バラエティ番組です。
街並みや地層・地形が好きなタモリさんが、現地の案内役の人の解説を通じてその地域の成り立ちや特徴を解明していく、知的好奇心をくすぐる番組です。

2018年3月には、「平成29年度 地盤工学貢献賞」を受賞。その理由は「国民的人気番組によって、古くから日本の文化や産業には地盤とそれを形成する地盤構造物が深くかかわっていることを一般市民に広く発信し、地盤工学の社会的イメージの向上に多大な貢献をした」ということだそうです。

街をぶらぶら歩き、案内役の説明を聞く中で、視聴者目線で「なんでこういうつくりなんだろう」と疑問に思うことを、難しい解説ではなくわかりやすく解説していて見ていて飽きないですね。それにしてもいつもタモリさんの知識の豊富さには驚かされます。

2018年4月からは近江友里恵アナに代わって林田理沙アナウンサーになりました。タモリさんとの掛け合いも楽しみで、毎回見逃せませんね。

お試しの無料会員登録を使って、格安で見れるスゴ技をご紹介します。

「ブラタモリ」ってどんな番組

NHKの「ブラタモリ」公式サイトでは、以下のとおり紹介しています。

タモリさん、日本全国あなたの町へ!

町歩きの達人・タモリさんが、“ブラブラ”歩きながら知られざる町の歴史や人々の暮らしに迫る「ブラタモリ」。ある土地のナゾに導かれ、それを解明しようと、今話題の出来事や町に残された様々な痕跡にタモリさんが出会いながら、町の新たな魅力や歴史・文化などを再発見していきます。

NHKの「ブラタモリ」公式サイト

「ブラタモリ」の見逃し配信を楽しむ方法

まずは再放送ですね。本放送で見れなくても再放送でしっかりチェックしましょう。

 本放送 毎週土曜 午後7時30分~8時15分
 再放送 毎週火曜 深夜

再放送も見損ねたという可哀そうなあなたに、「ブラタモリ」を視聴できる動画配信サービスをご紹介します。


本作品の配信情報は2018年5月20日時点のものです。配信または見放題が終了している可能性がありますのますので、現在の配信状況については各動画配信サービスでご確認ください。

「ブラタモリ」は、NHKオンデマンドの見逃し見放題パックで見ることができます。ただし、放送当日または翌日から約14日間(一部の番組を除く)なので、うっかりしていると見逃し配信も『見逃し』てしまいますよ。
おすすめはU-NEXTです。U-NEXT経由でNHKオンデマンドの「ブラタモリ」を単品で見ることが出来ますし、U-NEXT経由でNHKオンデマンドの見放題/見逃しパックを契約することも出来ます。

無料のお試し期間あり
U-NEXTは月額料金がかかりますが、31日間の無料のお試し期間があり、その期間内に解約すればお金は一切かかりません。

この無料のお試し期間に「ブラタモリ」を楽しめますし、他にも気に入ったコンテンツがたくさん見つかれば、そのまま継続利用していれば自動更新されて有料会員になります。継続利用しない場合は必ず期間内に解約手続きをしましょう。

「ブラタモリ」をU-NEXTで楽しむ方法


U-NEXT公式HP
株式会社U─NEXTの公式HPの画像を引用

 月額料金: 月額1,990円(税抜)
 PPV(都度課金): あり
 動画数: 約110,000本
 画質: SD/HD/4K
 ダウンロード機能: あり
 無料お試し期間: 31日間
 支払方法: クレジットカード、ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、Amazon.co.jp支払い、U-NEXTカード/ギフトコード

放送当日または翌日から約14日間の内にPPV(都度課金)で見ることになります。

「ブラタモリ」は1話216円(税込み)ですが、無料会員登録時に600円分のポイントをもらえるので、2回までは無料で見ることができますよ。お金を払いたく無い人はそれ以上見逃さないようにしましょう。

また、継続利用する場合も毎月貰える1,200ポイントをNHKオンデマンドの見放題パックの月額利用料900円(税抜)に適用することができます。

31日間無料会員登録はこちら U-NEXT

U-NEXTの無料会員登録・解約方法について詳しく知りたい方は以下を参考にして下さい。
U-NEXTに無料会員登録する方法
U-NEXTを解約する方法
NHKオンデマンドはU-NEXTから見るのがおすすめ

「ブラタモリ」をビデオマーケットで楽しむ方法


ビデオマーケット
株式会社ビデオマーケットの公式HPの画像を引用

 月額料金: 月額500円/980円(税抜)
 PPV(都度課金): あり
 動画数: 約190,000本
 画質: SD/HD
 ダウンロード機能: なし 
 無料お試し期間: 入会月無料
 支払方法: クレジットカード、ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い

公開されている全エピソードをPPV(都度課金)で見ることになります。

「ブラタモリ」は1話216円(税込み)ですが、毎月540円分のポイントをもらえるので、2回までは無料で見ることができますよ。お金を払いたく無い人はそれ以上見逃さないようにしましょう。

入会月無料の会員登録はこちら ビデオマーケット

「ブラタモリ」の各エピソードあらすじ

以下はNHKの「ブラタモリ」公式サイトで紹介されている概要です。

「#103 京都・宇治」

~なぜ 宇治は“天下一の茶どころ”になった?~

ブラタモリ、京都の宇治へ!
宇治といえば、なんといってもお茶。高級抹茶の産地として鎌倉時代からの伝統を守り続ける「お茶どころ」です。しかも国宝・平等院鳳凰堂や『源氏物語』の舞台としても知られる、風光明媚な観光地でもあります。京の都からほど近い宇治が、お茶で天下に名を知られるようになった理由を、タモリさんがブラブラ歩きながら解き明かします。
旅の始まりは、町の中心を流れる宇治川のほとり。800年の歴史を誇るお宝いっぱいの茶屋で、まずは抹茶を一服!そのお味は?
続いては、宇治のシンボル・平等院鳳凰堂へ。10円硬貨でもおなじみの国宝の美しい建物ではなく、その前に広がる池に、宇治がお茶の産地になった秘密が隠されていた・・・ってどういうことでしょう?
町なかを歩くタモリさんが発見した「見えない川」とお茶の関係とは?
室町時代の将軍がお墨付きを与えた茶畑に潜入!宇治のお茶の味をよくしたのは、タモリさんが大好きな「河岸段丘」だった?
お茶を扱う商人・茶師のあいだで脈々と受けつがれた「秘伝」に、タモリさんも脱帽?

NHKの「ブラタモリ」公式サイト

「#104 伊豆」

~どうして越えたい“天城越え”?~

ブラタモリ、伊豆へ!
舞台は、4月に「ユネスコ世界ジオパーク」として認定され、世界から注目を集める伊豆半島。首都圏からの手軽なリゾート地として、年間4500万人が訪れる超人気観光スポットです。
今回、番組が注目したのは“天城越え”。石川さゆりさんの歌でも有名な“天城越え”は、今では、伊豆の南北を結ぶ人気のドライブルートとなっていますが、実ははるか昔から、伊豆を歩く旅人たちを悩ましてきた、とんでもない交通の難所として知られていました。“天城越え”とは、温泉街・湯ヶ島をスタートし、“浄蓮の滝”を経て、標高700mあたりにある天城峠を越えて、太平洋側の河津へ抜けるルートの事。ではなぜ、そこまでして人々は天城を越えたかったのでしょうか? 名曲『天城越え』の歌詞をじっくり読み解きつつ、タモリさんが2回にわたって、人生初の“天城越え”に挑みます。
“天城越え”を困難にしている最大の理由は、標高1000メートル級の山が連なる天城連山。伊豆半島の真ん中を横切るようにそびえています。実は、この険しい山々が誕生した理由が湯ヶ島の温泉宿の“名物風呂”で分かるのですが・・・一体どういう事?実は、伊豆は日本でも非常に面白い地形の場所だった!?さらに伊豆随一の観光名所「浄蓮の滝」へやってきたタモリさん。落差25mの滝じゃなくて、すぐそばの岩盤を見てタモリさんが発見した意外な事実とは?

NHKの「ブラタモリ」公式サイト

「#105 天城越え」

~どうして越えたい“天城越え”?~

ブラタモリ、伊豆へ!
舞台は、4月に「ユネスコ世界ジオパーク」として認定され、世界から注目を集める伊豆半島。首都圏からの手軽なリゾート地として、年間4500万人が訪れる超人気観光スポットです。
今回、番組が注目したのは“天城越え”。石川さゆりさんの歌でも有名な“天城越え”は、今では、伊豆の南北を結ぶ人気のドライブルートとなっていますが、実ははるか昔から、伊豆を歩く旅人たちを悩ましてきた、とんでもない交通の難所として知られていました。“天城越え”とは、温泉街・湯ヶ島をスタートし、“浄蓮の滝”を経て、標高700mあたりにある天城峠を越えて、太平洋側の河津へ抜けるルートの事。ではなぜ、そこまでして人々は天城を越えたかったのでしょうか? 名曲『天城越え』の歌詞をじっくり読み解きつつ、タモリさんが、人生初の“天城越え”に挑みます。
伊豆の名産品といえば、なんといってもワサビ。実はわさびと滝、切っても切れない関係にあるというのですが・・・その秘密を、“わさび田”の中に潜入して解明します。そして地元ならではのわさびの食べ方に、タモリさんも感激の涙?さらに険しい山道に挑むタモリさん。重要文化財にもなっている明治のトンネル「天城山隧道(ずいどう)」へ。その入り口にある大きな石が物語る、伊豆の人たちの知られざる戦いの痕跡とは?

NHKの「ブラタモリ」公式サイト

動画コンテンツカテゴリの最新記事